高松市の高松情報

高松市(たかまつし)は、四国の北東部、香川県のほぼ中央に位置する市で、香川県の県庁所在地である。四国の経済の中心地で、国から中核市に指定されている。高松都市圏の中心都市である。
瀬戸内海に面する港町で、かつて国鉄の宇高連絡船が就航していたこともあり、四国の玄関口として四国を統轄する国の出先機関のほとんどや企業の四国支社・支店の多くが置かれ、四国の政治経済における中心拠点である。
現在、高松市の人口は平成の大合併などを経て42万人を擁し、さらに高松市を中心とする高松都市圏の人口においては約84万人(2005年国勢調査基準)と、香川県の人口100万人の過半数に達する都市圏で、四国最大の都市圏を形成している。

江戸時代には譜代大名・高松藩の城下町として盛え、高松城天守がこの街の象徴であったが、明治時代に破却され、現在では2004年(平成16年)に完成した高松シンボルタワーが、それに替わる新しいランドマークとしての機能を果たしている。

また香川県の人口重心は「高松市国分寺町福家」[1]と、高松市中心部からみて南西の市内にあり、県の地理的中心でもある。
讃岐平野の一部である高松平野に位置し、全体的に緩やかな勾配で占められている。また北側は瀬戸内海に面し、高松港を中心に半円状の市街地を形成している。

市域の西部は香東川の土砂が堆積して出来た扇状地から成っている。東部は春日川や新川によってできた氾濫平野で、その河口部は三角州からなる海岸平野である。北東部には、瀬戸内海に突き出た溶岩台地で、治承・寿永の乱(源平合戦)である屋島や、四国本島最北端の竹居観音岬がある。市の北西部は丘陵となっている。日本で初めて国立公園に指定された瀬戸内海国立公園の中心に位置しており、その瀬戸内海には島嶼が点在する。
四国の窓口高松の新名所!
JR高松駅・高松港周辺に整備された四国の新しい玄関。瀬戸内海に隣接し海に親しむ遊び場や遊歩道など、市民の憩いの場となっています。交通ターミナル、コンベンション・情報発信機能、商業施設など多彩な都市機能が集結した、四国の中枢拠点にふさわしい街づくりを進めています。高松シンボルタワーが完成し、広域行政を担う国の合同庁舎の整備も進行中で,平成18年12月には,先行するA棟がオープンしました。
瀬戸の新都として、親しまれ、にぎわいあふれる魅力的な街並みを散策してみませんか
高松シンボルタワー
文化・コンベンション機能、情報発信機能、ビジネス・商業機能など多様な機能を備えた、サンポート高松の中核施設です。
四国観光の拠点として、香川県民・高松市民の幅広い活動の場として親しまれています。
マリタイムプラザ高松
高松シンボルタワー タワー棟1・2階と最上階の29・30階、ホール棟1・2・3階のスペースには、個性豊かなレストラン、ショップが40店舗以上!美味しい食事やカフェタイム、ショッピングも楽しめます。海の香りを感じながら“素敵な一日”を!

デックスガレリア
海からの心地よい風や太陽の光がいっぱいの開放的なエントランス空間です。
JR高松駅・駅前広場
高く吹き抜ける開放的なコンコース。駅前広場は羅針盤をイメージしたデザインとなっています。

全日空クレメントホテル高松
地上21階,地下1階建,客室数300室,宿泊可能人数500人,四国最大規模となる1,500人収容可能な大宴会場を備えた本格的なシティホテルです。


高松港旅客ターミナルビル
地上8階,地下2階建ての集合ビル。3Fには宇野港と高松港を結んだ宇高連絡船にゆかりの貴重な品々を展示しています。

多目的広場
多彩なイベントを自在に開催できる広さ8,000uの多目的広場は,瀬戸内の潮風を肌に感じる憩いのスペースです。

高松コリドー
全長186m,幅5mの回廊で,屋根には,エコシティーへの取り組みとして太陽光発電システムを導入しています。

2万トン級岸壁
大型旅客船が接岸し,多くの人でにぎわいます。


高松港レストハウス
港を行き交う船々を眺め飲食できるレストラン「ミケイラ」があります。大型旅客船発着時の待合スペースもあります。


せとシーパレット(階段式護岸)
人々が水際まで近づくことができる階段式の護岸。せとシーパレットの愛称で親しまれています。
高松デリヘル スティンガー
金曜日の妻たち 高松店
高松風俗デリヘル案内所
碧いうさぎ 高松店
恋空 高松店
奥様だよ!全員集合


高松の名物
高松の日本一のアーケード街
高松市郊外の観光名所
四国デリヘル情報局

1,083hit
開設:2011-08-29
更新:2011-08-30

友達に教える
HP作成 HP編集

LOVE出会い
無料ホムペ・プロフ@ロッピー







【PR】 格安国内旅行/
出会い/